2010.11.14 ラ・エスペランサ 第29回定演  指揮/関谷静司

佐賀ギター音楽院の歩み

1979年4月 佐賀市天神1丁目益本天神ビル6階の1室でオープンし、教室活動およびコンサート企画などの活動を開始。ほぼ同時に九州ギター音楽協会公認教室となる。
1982年4月 活動内容を更に充実させるために現在地に移転。
以後、関谷静司自身のリサイタルをはじめとし、有名ギタリストの招聘、教室や各合奏団などの発表会、研修会などを積極的に行う。
1998年秋 韓国仁川市を中心に活動する李如石( リ・ヨソク)ギターオーケストラに交流を申し込み、その翌年から両国間で合同演奏会を開始、これまでに12回開催している。
2006年8月 中国遼寧省吉他( ギター )学会( 会長/蒋光旭 )主催のギターコンクールの審査員に関谷が招待されたのを機に、同学会および藩陽音楽学院と友好関係を結ぶ。
以後数回にわたりコンクールの審査員やフェスティバルでの合奏指揮で訪中。2011年には中・独・韓・日4カ国ギターフェスティバルのコンクール審査および客演指揮で招待された。
現在 個人レッスンおよびグループレッスンのほか、3つの合奏団を有し、コンサートや各種イベントで佐賀県ギター界の向上に寄与している。また関連教室として佐賀新聞文化センターで3クラス、佐賀少年刑務所のボランティア教室、関連団体として佐賀市民ギター合奏団(団長/池田 康幸)などがある。



院長プロフィール

関谷 静司関谷 静司 ( せきや せいじ )
佐賀市在住

宮崎県出身。16歳のとき兄にギターの手ほどきを受け、その後ほぼ独学。後に阿部保夫、小原聖子、オスカー・ギリア、ホセ・ルイス・ゴンザレス各氏のレッスンを受ける。また短期ながらヤマハギター教室で松本憲一・宮原浩子両氏に学ぶ。

1970年、宮崎大学工学部機械工学科を卒業と同時にヤマハギター講師となり、福岡市を中心に活動を始める。同年、第2回ヤマハギターコンクール専門家部門で優勝。
1979年、『佐賀ギター音楽院』を開設し、活動の拠点を佐賀市に移す。
1985年、日韓文化交流で釜山市、大邱市で演奏。
1996年、日中文化交流で北京で演奏。
1997年、スペイン・ムーロ・デ・アルコイ音楽院の演奏会に特別出演。
1999年、佐賀ギターアンサンブル『ラ・エスペランサ』と共に、韓国仁川市の『李如石( リ・ヨソク)ギターオーケストラ』と交流を開始、以後両国間で12回の合同演奏会を開催。
2005年、中国大連市でソロリサイタル。
2006年、中国瀋陽市の蒋光旭氏のギター合奏団を客演指揮して以来、遼寧省ギター学会と交流を続けている。

現在は教授活動の他ソロや各種アンサンブル、講演、コンサート企画など幅広く活動している。また内外のギターコンクールの審査員も務め、2002年には第6回アランブラ国際ギターコンクール(スペイン・アルコイ)、2007年、08年、11年には遼寧ギターコンクール(中国・瀋陽)に招待された。
2002年佐賀県芸術文化賞受賞。
国際ソロプチミスト佐賀有明より平成12年度社会貢献賞を受賞。

・佐賀ギター音楽院院長
・九州ギター音楽協会公認講師
・佐賀新聞文化センター講師
・佐賀少年刑務所篤志面接委員会会長
・佐賀県ユニセフ協会評議委員



佐賀県佐賀市にあるクラシックギター専門 の音楽教室です。
お申込み・お問合せは随時受けつけておりますのでお気軽にご連絡下さいませ。
■原音CDのご購入■
夜想曲 関谷静司が長年築いてきた音楽への想いを、最高級のアナログ機材(真空管)で収録した第一作。
まるで目の前でギターを奏でているような錯覚さえ覚える理想の原音音楽をお楽しみ下さい。
原音CD詳細 >>

CD準拠の曲集も同時販売中
ギター小品集
詳細はこちら >>
佐賀ギター音楽院
〒840-0851
佐賀市天祐1丁目5-37
関谷静司
TEL 0952-26-9422